顧問・相談役、上場企業なお多く 日産は廃止固める

2020/1/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車は顧問や相談役を廃止する方針を固めた。元会長カルロス・ゴーン被告による報酬過少記載事件など、一連の問題を受けたコーポレートガバナンス(企業統治)改革の一環だ。一方、日本では顧問・相談役を置いている上場企業がなお多い。海外投資家から「存在意義が曖昧だ」との批判もあり、今後の対応が注視される。

日産は2018年に逮捕されたゴーン元会長による一連の事件を受け、近く東京証券取引所に再発防止策な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]