/

この記事は会員限定です

顧問・相談役、上場企業なお多く 日産は廃止固める

[有料会員限定]

日産自動車は顧問や相談役を廃止する方針を固めた。元会長カルロス・ゴーン被告による報酬過少記載事件など、一連の問題を受けたコーポレートガバナンス(企業統治)改革の一環だ。一方、日本では顧問・相談役を置いている上場企業がなお多い。海外投資家から「存在意義が曖昧だ」との批判もあり、今後の対応が注視される。

日産は2018年に逮捕されたゴーン元会長による一連の事件を受け、近く東京証券取引所に再発防止策などの報告書を提出する。顧問・相談役の廃止も盛り込み、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン