神戸製鋼、自動車用ドア4割軽く 鉄とアルミ融合

2020/1/15 18:12
保存
共有
印刷
その他

神戸製鋼所は15日、鉄とアルミを使い、従来よりも4割軽い自動車のドアを開発したと発表した。強度の高い鋼板と軽量のアルミ材を組み合わせ、アルミだけを使う場合よりコストを抑えた。自動車の軽量化をめぐって鉄以外の採用が進むなか、強度や加工性との両立が課題となっている。JFEスチールなどは鉄の強度とコストの安さを生かして、ドアを軽くする技術の開発を進める。

神鋼は同日都内で開幕した「クルマの軽量化技術展…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]