自民・石破氏、首相の任期中の退陣「やると思わない」

政治
2020/1/15 18:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の石破茂元幹事長は15日、BSテレ東「NIKKEI日曜サロン」の番組収録で、安倍晋三首相(党総裁)が2021年9月までの総裁任期中に退陣する可能性に否定的な考えを示した。「任期を全うすると言っているのに途中で辞めるのは想像しにくい。そんな無責任なことをやるとは思わない」と述べた。

自民党則は総裁が任期中に退任した場合、党大会に代わる両院議員総会で後任を選ぶことができると定める。党内には首相が任期途中で退陣し、後継候補を指名するのではないかとの見方がある。石破氏は仮に首相が任期を残して退陣した場合でも、党員・党友による投票を含めて「フルの総裁選をやるべきだ」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]