豪の森林火災で空自輸送機派遣へ 隊員70人出発

政治
南西ア・オセアニア
2020/1/15 18:30
保存
共有
印刷
その他

防衛省は15日、オーストラリアで被害が拡大している大規模な森林火災への対策を支援するため、国際緊急援助活動として航空自衛隊の輸送機「C130H」2機を派遣すると発表した。隊員約70人が同日、東部ニューサウスウェールズ州の空軍基地に向けて出発した。既に現地入りしている隊員8人とともに支援物資や人員の輸送にあたる。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で「豪州で発生している森林火災は日本政府としても状況を注視し、豪政府と緊密に連携している」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]