/

この記事は会員限定です

日本株、周回遅れ脱却の高いハードル PBR1倍割れ突出

証券部 富田美緒

[有料会員限定]

米・イランの応酬から市場はひとまず落ち着きを取り戻したものの、米国の安全保障や通商分野の政策次第で一喜一憂する状況は変わらない。米中貿易協議を巡る合意文書の署名を控えた15日も内容への警戒感から売りが優勢で、日経平均株価は4日ぶりに反落した。日本株が「周回遅れ」を抜け出し、自律的な上昇局面を描くには構造改革などの高いハードルを越える必要がある。

前日までの株高の勢いがそがれたのは「米国は発動済み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン