オリオンビール名護工場 小規模も工夫凝らし沖縄の味
九州・沖縄 拠点を探る

2020/1/16 5:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリオンビール(沖縄県浦添市)の名護工場(同県名護市)は同社唯一の製造拠点だ。第2次世界大戦後、沖縄復興の象徴としてビールを造り始めて60年。大手に比べ規模は小さいが、その分工夫を凝らして地域連携の拠点にもなっている。

「これは麦汁の匂いですね」。漏斗を逆さにしたような、5つの巨大な金属釜がそびえたつ部屋。そこに漂うねっとりとした空気と甘い香りの正体を儀間敦夫製造部長が教えてくれた。ここではビー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]