想像上の生き物 写真家 長島有里枝

エッセー
2020/1/23 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相手が子供だろうが、初対面の人は苦手だ。いじめに遭ったトラウマとか、ストリート時代の知恵とか理由を探してみるが、結局は幼少期から人の輪にすんなり入れない人だったことが思い出される。相手はそんな事情を知らないわけで、挙動不審または不機嫌そうなわたしの第一印象はきっと最悪なのだろう、と諦め気味に思う。

写真家になったら、セルフポートレイト作品から想像する人となりを現実のわたしに重ね合わせ、思ったより…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]