/

日立創業者にものづくり精神学べ 栃木で開塾式

晃南塾の開塾式は小平氏の生家で開いた(栃木県栃木市)

栃木県栃木市や栃木商工会議所、日立製作所グループなどが協力し、同市出身で日立を創業した小平浪平氏のものづくりの精神を学び、地域活性化につなげる塾の開塾式を15日、小平氏の生家で開いた。今後は塾生を募り、事業を志す若手の育成などに取り組む。塾長に就任した日立名誉顧問の福山裕幸氏は今の時代にやるべきことについて「原点、本質に戻ること」と語った。

開塾した1月15日は小平氏の誕生日。塾の名称は小平氏が学生時代に青雲の志などをつづった「晃南日記」にちなみ、「晃南塾」とした。塾では生家の活用方法の検討や市の総合計画素案の提案、若手の育成などを行う。講師は外部からも招く方針だ。

塾の顧問には同市副市長や栃木商議所専務理事、東京都市大学教授が就いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン