/

不二越、純利益3%減 20年11月期 自動車市場の低迷で

不二越は15日、2020年11月期の連結純利益が前期比3%減の80億円になる見通しだと発表した。自動車市場の低迷で主力のベアリング(軸受け)が振るわない。生産合理化によるコスト削減などでは補えない。

売上高は8%減の2300億円、営業利益は6%減の125億円を見込む。自動車メーカーの減産などで設備投資が弱含み、ベアリングを含む部品事業の利益は5%減の52億円となる見通し。同日記者会見した坂本淳社長は「自動車で設備投資の先送りなどが続くとみている」と語った。

半導体市場の回復で産業用ロボット事業は増収に転じる見通し。生産工場の省人化もすすめ、ロボットを含む機械工具事業の営業利益は5%増の64億円を見込んでいる。

同日発表した19年11月期決算は売上高が前の期比1%減、純利益が8%減の82億円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン