県庁前広場がナイトマルシェに、新潟で公共空間活用進む
まちづくり人づくり

信越
新潟
2020/1/15 16:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

役所や学校、公園、広場――。街に当たり前のようにある公共空間の付加価値を高めようとする取り組みが広がっている。旗振り役は、新潟県庁の職員12人で構成された有志団体だ。2019年から活動を始め、県庁敷地内で複数のイベントを開いた。民間事業者らとも連携し、活用されていなかった空間をにぎわいの核に生まれ変わらせようとしている。

19年8月夜、普段は静かな県庁正面玄関前の広場に、3500人を超える人が集…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]