東邦ガスの冨成社長「地域分散と契約でLNG最適調達」
(2020年針路を聞く)

環境エネ・素材
中部
2020/1/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「液化天然ガス(LNG)は低価で安定的に調達するのが最終目的だ。従来はインドネシア、オーストラリア、マレーシア、カタール、ロシアから調達していたが2019年に米国産が加わり6カ国になった。24年にはカナダ産も追加する。安定調達の観点では十分に地域分散ができている」

「LNGと原油は価格が連動する。原油は中東情勢が非常に不透明で乱高下しやすい。米国産が調達網に加わり価格の安定性は高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]