飫肥のまちづくり JR九州会長 唐池恒二

2020/2/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2月の宮崎は、もう春気分。小京都といわれる街の風情を楽しむ散策は格別だ。

飫肥(おび)。宮崎県日南市の中心地区で、江戸時代に飫肥藩5万1000石の城下町として栄えた。

城壁のまわりに、石垣と生け垣に囲まれた武家屋敷がならぶ。明治の偉大な外交官、小村寿太郎の生家もこの一角にある。しっとりとした景観に見とれながら、ふと視線を上に向けると心地よい違和感を覚えた。電柱と電線が見当たらない。飫肥では、40…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]