「ノザキのコンビーフ」 70年ぶりにパッケージ刷新

サービス・食品
2020/1/15 16:30
保存
共有
印刷
その他

JFE商事グループの川商フーズ(東京・千代田)は15日、缶詰「ノザキのコンビーフ」のパッケージを70年ぶりにリニューアルし、3月16日に発売すると発表した。スチール缶からアルミ箔と樹脂フィルムを張り合わせたパッケージに変更して、巻き取り鍵を回して開ける方式からプラスチックのシールを剥がす方法に改める。

川商フーズが3月16日にパッケージをリニューアルして発売する缶詰「ノザキのコンビーフ」

現在の台形のスチール缶は1950年から販売してきたが、メーカーの生産設備が老朽化したため、パッケージを変更する。従来品は在庫がなくなり次第、販売を終える。新しいパッケージで密閉性が上がることで、賞味期限は3年6カ月と半年延びる。

内容量は従来の100グラムから80グラムに減らす。希望小売価格は税別410円から同395円になる。「ノザキのニューコンミート」などの3商品も同様にパッケージを刷新する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]