/

この記事は会員限定です

1.17たどる117人の大切な物 神戸で企画展

[有料会員限定]

救援物資の鉛筆、形見の腕時計――。阪神大震災を機に発足した「人と防災未来センター」(神戸市)が、震災を思い出の品で振り返る企画展「117BOX・いいなの箱展」を開いている。17日で震災から25年。語り部ボランティアやNPO関係者ら出品者一人ひとりが、四半世紀にわたり大切にしてきた思い出の品を通じて、震災の記憶や教訓を発信している。(島田直哉)

企画展は2019年10月に約20点でスタート。同センタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン