NHKのネット同時配信、4月から1日18時間

ネット・IT
2020/1/15 15:34
保存
共有
印刷
その他

NHKの経営委員会は15日、テレビ番組のネット同時配信に関する実施計画を決めた。経営委員会後に報道陣の取材に応じた森下俊三委員長は「3月1日から1日17時間で試験的に提供し、4月1日からは18時間で(サービスを)考えている」と述べた。同時配信を巡っては、14日に総務省が実施基準案を認可しており、同基準に合わせた具体的な実施計画を策定した。

森下委員長によると、4月1日から午前6時から午前0時までの18時間、テレビ番組をネットで同時に配信するという。森下委員長は「朝の通勤時間帯に利用できる18時間を考えている」と狙いを話した。

総務省は昨年11月、NHKが申請したネット業務の実施基準案について、費用が受信料収入の約3.8%に拡大していることを懸念。NHKに受信料の見直しなど経営改革と併せて再検討を求めた。NHKは昨年12月、東京五輪関連を除くネット業務費に関し、従来と同じ受信料収入の2.5%以内になるように基準案を修正した。

費用抑制に伴い、同時配信の1日の配信時間は当初予定した24時間から縮小することになった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]