/

この記事は会員限定です

中国で稼げなくなった台湾・香港 経済と政治、力学変化

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

11日の台湾総統選挙で中国と距離を置く現職の蔡英文総統(民進党)が圧勝した。対中関係改善を訴えた国民党の韓国瑜氏は大敗を喫した。香港デモの影響など蔡総統圧勝の政治的な背景が分析されているが、ここではビジネスの観点から結果を考えたい。台湾の選挙といえば毎回、中国が経済的利益をちらつかせ、中国との関係を重視する人物に投票を誘導してきた。いつもそれなりの効力を発揮してきたが、威力が薄れてきているようだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1918文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン