培養肉や人工卵 「次世代メシ」起業家を量産せよ
アメリカ発!メシ新時代(2)

アメリカ発!メシ新時代
2020/1/19 2:01 (2020/1/21 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大豆など植物由来の材料で「肉」をつくり出したビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズの成功は、評価額10億ドル(約1100億円)を超える未上場企業「ユニコーン」をめざす起業家たちに大きな夢を与えた。「メード・イン・研究室」の食品を開発する新興企業は急増中だが、その背後には一人の男の存在がある。

■シリコンバレーへの片道切符

「さて、どうするかな」。クララ・フーズ最高経営責任者(CEO)のアルトゥロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]