シンガポール発自動運転バス、ウィラーが日本で発進へ
XaaSの衝撃

日経産業新聞
2020/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本で2020年に実用化予定の自動運転バスで、高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)が商用運行を目指し動き出した。シンガポールで開発・実証済みの技術を持ち込み、近く関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市、京都府精華町)で安全性を再確認するための実験にとりかかる。年内にまず商業施設のような閉鎖空間で有料サービスを始め、地方での需要も見込む。

■小型バスで実績、歩行者と並走しても安心

ウィ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]