視界不良のiPS治療 支援体制の見直し不可欠
編集委員 安藤淳

安藤 淳
Nikkei Views
編集委員
2020/2/3 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞を使った再生医療の行く手が、視界不良になっている。京都大学の山中伸弥教授が世界で初めてiPS細胞を作って10年あまり。いよいよ治療応用が本格化しようというこの時期に、中核プロジェクトをめぐり政府とのあつれきが表面化し、研究者の間に不安が広がった。再生医療で世界をリードするには政府の支援体制の再構築、研究と実用化を橋渡しする戦略の練り直しが必要だ。

2020年度の文部科学省予算で「再生医…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]