/

この記事は会員限定です

マクドナルドから肉が消える日

アメリカ発!メシ新時代(1)

(更新) [有料会員限定]

米西部カリフォルニア州サンカルロス市。金融関連のソフトウエア会社を経営するアート・コテ(62)は2020年の仕事始めの朝食として、ドーナツやハンバーガーを扱うファストフード店「ダンキン」を選んだ。

ファストフードで植物肉

注文したのは「ビヨンド・ソーセージ・ブレックファスト・サンドイッチ」(4.79ドル=約520円)。ソーセージといってもパンに挟んであるのは豚肉や牛肉ではなく、緑豆やココナツ油など植物由来の材料で作った人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカ発!メシ新時代

肉食文化のアメリカで、食卓に異変が起きている。豆など植物由来の原料で作った偽物の肉が人気を博しているのだ。植物肉を食べた人の90%は肉を普段食べている人で、2040年には50兆円市場になるとの予測もある。肉食文化に一石を投じたスタートアップ企業や起業家養成機関、逆境をバネにした酪農家4代目、食のアップデートに取り組む米マイクロソフト初代最高技術責任者(CTO)らの姿を通じて、新時代の食の姿を探る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン