菅長官の辞任要求 公文書管理巡り、立民など

政治
2020/1/15 11:40
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党など共同会派と共産党は15日の国会対策委員長会談で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿の管理に関する公文書管理法違反を巡り、菅義偉官房長官の辞任を求める方針で一致した。立民の安住淳国会対策委員長は国会内で記者団に「公文書管理法違反について責任は極めて重い。自ら責任を取るべきだ」と述べた。

内閣府は同法の規定に反し、名簿を文書リストの「行政文書ファイル管理簿」に記載していなかった。野党は20日召集の通常国会で、予算委員会の質疑などを通じて追及する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]