/

この記事は会員限定です

牛も鶏も…中国が肉を爆買い ハンバーグ遠のく?

[有料会員限定]

世界の食肉マーケットを中国が揺さぶっている。豚肉の世界最大の生産国で消費国でもある中国で、豚伝染病のアフリカ豚コレラ(ASF)の感染が拡大。豚肉不足を補おうと、豚肉だけでなく牛肉や鶏肉の買い付けも世界で増やしているためだ。需給逼迫を受けて日本の輸入価格は高騰。日本勢が買い負けする場面も増えており、食卓にも影響が出そうだ。

世界の豚肉生産量の半分

「中国は量の確保が最優先。価格は関係ない」。ある商社の担当者は顔を曇らせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン