2/20 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ反発、115ドル高 中国の景気支援策に期待

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,658.17 +257.47
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,740 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

J—オイルミルズ 八馬 史尚 社長

2月20日(木)09:50

銀行が変わる!フィンテック最前線 STO[映像あり]

三菱UFJ信託銀行 企画担当 斉藤 達哉氏

2月19日(水)13:27

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

FRB、インフレ警戒じわり 適温相場に狂いも
米州総局 後藤達也

2020/1/15 6:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)の高官からインフレを警戒する声が出始めている。失業率が歴史的な低さとなるなかで賃金上昇の圧力が一段と強まっているためだ。物価上昇が勢いを増せば、FRBも低金利を保ちづらくなる。投資家は景気拡大と低金利を前提とした適温相場に安住するが、物価がアリの一穴となりかねない。

ボストン連銀のローゼングレン総裁は13日の講演で、「インフレ圧力が予想より速いペースで高まる可能性がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

ニューヨーク市場の動き

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

読まれたコラム