英、イラン核合意で米に一転同調 ロウハニ師は反発

イラン緊迫
ヨーロッパ
中東・アフリカ
2020/1/15 4:56 (2020/1/15 22:25更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】米離脱後のイラン核合意を巡り、維持に向け一定の協力をしてきた欧州とイランの亀裂が深まっている。英独仏は国連制裁の再開に道を開く手続きに着手した。ジョンソン英首相は一転、イランとの新たな取り決めを目指すトランプ米大統領に同調する姿勢を示した。反発するイランのロウハニ大統領は中東駐留の欧州の兵士が将来「危険にさらされる」と警告した。ウクライナ機撃墜で批判されるイランの孤立が一段と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]