日産、顧問・相談役を廃止 ゴーン元会長事件受け改革

日産の選択
2020/1/15 10:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車は顧問や相談役を廃止する。元会長カルロス・ゴーン被告による報酬過少記載事件など一連の問題を受けたコーポレートガバナンス(企業統治)改革の一環だ。同社は2019年12月に内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)らの新体制が発足しており、意思決定のプロセスを透明にし、世代交代もアピールする。

18年11月に逮捕されたゴーン元会長による一連の事件を受け、日産は近く東京証券取引所に不正の経緯や再発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]