スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜も2敗目「ちょっと痩せすぎ」

2020/1/14 23:03
保存
共有
印刷
その他

前日の白星も薬とならず、鶴竜は黒星先行となった。頭から当たって前に出たが力感はなく、北勝富士に難なく残される。喉輪で上体を起こされ、根負けして引いてしまい万事休した。

北勝富士(左)に押し出しで敗れる鶴竜

北勝富士(左)に押し出しで敗れる鶴竜

秋場所、九州場所の連続休場の影響かという問いに「相撲勘とかではない。全然圧力がない」と敗因を説明。場所前に体調不良で体重が減ったことで馬力が落ちているといい、「ちょっと痩せすぎ。相手に力が伝わっていないのが自分でわかる」と、もどかしげだった。

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲初場所の優勝から一夜明け、記者会見でポーズをとる徳勝龍(27日午前、東京都墨田区の木瀬部屋)=共同

 大相撲初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした西前頭17枚目徳勝龍(33)=本名青木誠、奈良市出身、木瀬部屋=が千秋楽から一夜明けた27日、東京都墨田区の同部屋で記者会見し、喜びを語った。興奮してあま …続き (12:35)

貴景勝を破って初優勝を決め、感極まった表情の徳勝龍(26日、両国国技館)=共同

 角界の乱世ここに極まれり、という結末だった。両横綱が早々と姿を消し、豪栄道や高安ら大関経験者が軒並み負け越す大荒れの場所を締めたのは伏兵中の伏兵。番付表をひっくり返すような徳勝龍の幕尻優勝は、上位と …続き (26日 22:19)

三賞を受賞した5力士。後列左から敢闘賞の正代、殊勲賞と敢闘賞の徳勝龍、殊勲賞の遠藤。前列左から敢闘賞の霧馬山、技能賞の北勝富士(26日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、14勝1敗で初優勝した西前頭17枚目の徳勝龍が殊勲賞と敢闘賞を獲得した。33歳5カ月での三賞初受賞は4番目の年長となった。

 殊勲賞はこの他、2横綱 …続き (26日 21:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]