IR汚職、誘致自治体は影響懸念 反対住民から疑念

2020/1/14 22:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)の参入を巡る贈収賄事件で、中国企業側からさらに350万円相当の賄賂を受け取ったとして、東京地検特捜部は14日、衆院議員の秋元司容疑者(48)を収賄容疑で再逮捕した。捜査を通じて中国企業の「政界工作」が次々に明るみに出るなか、IR誘致を進める自治体の関係者らはイメージの悪化を懸念している。

特捜部は14日、中国企業「500ドットコム」と共同で北海道へのIR誘致を目…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]