変わらぬ郵政の肥大化組織 合理化なく、ノルマ偏重
郵政 海図なき再出発(上)

経済
金融機関
2020/1/15 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政グループが増田寛也新社長らのもとで再出発した。法令順守の徹底など足場固めから改革を進める考えを示したが、人口減少や低金利で経営環境は厳しさを増す。新首脳陣は内部事情に通じる一方、民営化した企業として存続、成長する海図は欠いている。

「今の郵便局ネットワークの維持が前提だ」。増田氏は9日の就任記者会見で、全国2万4千局の本格的な統廃合に踏み込まない方針を示した。現場で働く局員の考えはどうか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]