マリオが目指すミッキー流 任天堂、キャラ育成に活路
USJに新エリア ゲーム事業混戦で

ネット・IT
サービス・食品
関西
大阪
2020/1/14 21:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米グーグルやアップルなどのゲーム事業参入に直面する任天堂が、次の成長に向けキャラクタービジネスに解を見いだす。14日、マリオなどのキャラクターを生かしたテーマパークへの進出の概要を発表した。知的財産(IP)を生かしたビジネスモデルの構築を探る。めざすのは米ウォルト・ディズニーだ。ただディズニーは放送や映画配給など多様な部門を持ち、はるか前を走る。任天堂に勝算はあるのか。

任天堂とユー・エス・ジェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]