茨城の旧海軍司令部庁舎、保存資金をクラウド調達へ

2020/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太平洋戦争時、旧筑波海軍航空隊の司令部庁舎として使った茨城県笠間市の建物を恒久保存するための取り組みが始まった。インターネットで不特定多数の人から小口資金を募るクラウドファンディング(CF)で資金を集め、一般公開できるように補修する計画だ。かつて取り壊しの危機も乗り越えてきた戦争遺構。後世に戦争の記憶を語り継いでいく場に整備する。

司令部庁舎は戦後、県立病院の管理棟として使ってきたが、老朽化のた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]