/

この記事は会員限定です

ジュニアNISAに熱い視線 制度廃止も払出制限撤廃で

[有料会員限定]

政府が昨年末に閣議決定した2020年税制改正大綱には「ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」を23年で終えることが盛り込まれた。子どもの資産形成のために両親や祖父母が資金を代理で運用するジュニアNISAは、一般のNISAなどに比べて利用が伸び悩んでいた。だがここに来て、別の理由から注目を集めつつある。

ジュニアNISAは0~19歳を対象に、年80万円を上限として最長5年間、投資信託などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン