Windows7のサポート終了 メーカーは買い替え促す
ウイルス感染リスク高まる

2020/1/14 22:15
保存
共有
印刷
その他

米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポートが14日、終了した。デルなどパソコン各社は新型への買い替えを促すが、現状では国内のパソコンの2割に上る約1400万台がウィンドウズ7を搭載したままだ。サポート終了後はコンピューターウイルスに感染するリスクが高まるといい、MSはOSの更新やパソコン買い替えを呼びかける。

日本MSによると、ウィンドウズ7を搭載した国内のパソコン…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]