フジ、スーパーのニチエー買収 広島・福山の販売強化

小売り・外食
中国
四国
広島
愛媛
2020/1/14 19:24
保存
共有
印刷
その他

中四国地盤のスーパー、フジは14日、広島県内の中堅スーパーのニチエー(広島県福山市)を買収すると発表した。同社は福山市や三原市を中心に「フードグランニチエー」など食品スーパー11店舗を展開し、2019年5月期の売上高は90億1900万円。フジは買収によって、愛媛や広島市内に比べて手薄だった福山周辺の店舗網を強化する狙い。

ニチエーは会社分割により、同名の新会社を3月2日に設立する。フジは新会社の全株式を7月1日までに取得し、完全子会社化する予定だ。取得価額は非公表としている。

買収後も社名や屋号は維持する方針。ニチエーは地域密着型の店舗戦略をとる。フジはニチエーの固定客の取り込みを狙う。アルバイトを含めて600人強いる従業員は継続して雇用する。

フジによると、ドラッグストアなど業態を超えた競争の激化により、ニチエーの既存店売上高は足元で前年比1割程度減少するなど、低迷する店舗もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]