豪与党支持率、野党下回る 首相の森林火災対応に不満

南西ア・オセアニア
2020/1/14 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】森林火災の被害が拡大するオーストラリアでモリソン政権の支持率が急落している。モリソン首相の火災への対応を巡る有権者の不満を反映し、1月上旬に実施された世論調査では2019年5月の総選挙後、与党支持率が初めて野党を下回った。首相や政権の即時交代は考えにくいが、対応を誤れば次の総選挙で与党に打撃となる可能性がある。

豪紙オーストラリアンなどが1月8~11日に実施した世論調査では、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]