両陛下、春に英国へ 即位後初の外国訪問

「令和」新時代
ヨーロッパ
2020/1/14 18:53
保存
共有
印刷
その他

両陛下が外国を訪れるのは即位後、初めて(新年の一般参賀で手を振る両陛下)

両陛下が外国を訪れるのは即位後、初めて(新年の一般参賀で手を振る両陛下)

政府は14日、天皇、皇后両陛下が今春、英国を公式訪問されると発表した。エリザベス女王から国賓として招かれた。両陛下の外国訪問は即位後初めて。菅義偉官房長官は記者会見で「皇室と英王室の交流は両国の友好関係に重要な役割を果たしている」と述べ、4~6月の訪問を目指し調整を進める考えを示した。

英王室もホームページで声明を発表。両陛下は、エリザベス女王が週末などを過ごす公邸のウィンザー城に滞在予定としている。

英国への天皇の公式訪問は、上皇ご夫妻がエリザベス女王の即位60周年祝賀行事に出席された2012年5月以来。両陛下は英国に留学経験がある。両陛下そろって外国を公式訪問されるのは、トンガ国王の戴冠式に参列した15年7月以来となる。

皇室と英王室の関係は深く、上皇さまは皇太子時代の1953年に昭和天皇の名代としてエリザベス女王の戴冠式に参列して以降、長年にわたり交流を重ねてこられた。19年10月に陛下が即位を宣明された即位礼正殿の儀には、英国からチャールズ皇太子が出席した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]