「存続政党は立民」 国民民主と合流巡り案提示

2020/1/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

 立憲民主党の常任幹事会であいさつする枝野代表=14日午後、国会

立憲民主党の常任幹事会であいさつする枝野代表=14日午後、国会

立憲民主党は14日の常任幹事会で、国民民主党との党首会談で示した合流に向けた確認事項案を説明した。存続政党を立民とする内容で、合併後に参院議員会長選挙を実施することも盛った。福山哲郎幹事長は記者会見し「いま議論している方向性で、あらためて一任いただいた」と述べた。

案は10日の党首会談で示されたが、国民民主の玉木雄一郎代表は受け入れなかった。両党は党内で議論することで一致しており、国民民主は15日に両院議員懇談会を開く予定だ。福山氏は「一日も早い合併に向けて決断いただければありがたい」とも述べた。

確認事項案には共有する理念として「自由」「共生」「未来への責任」と記した。国民民主の綱領にも同じ記載があり、同党に一定の配慮を示した形だ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]