日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月20日 148.571 +0.495

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

コンテナ輸送2・6%減 2019年のアジア発米国向け

サービス・食品
2020/1/14 18:36
保存
共有
印刷
その他

米調査機関デカルト・データマインによると、2019年のアジア発米国向け海上コンテナ輸送量は1640万6921個(20フィートコンテナ換算)と前年に比べ2.6%減少した。米中貿易摩擦の余波で中国発の輸送需要が鈍ったことが影響した。

アジア発の貨物で6割のシェアを占める中国発は961万4389個と前年比8.5%減った。海運関係者は「18年後半に中国からの駆け込み出荷が急増した反動が大きかった」と指摘する。米国は18年7月から段階的に対中制裁関税を発動してきた。家具などを含む「第3弾」の関税は19年1月に税率を引き上げる見込みだったため、18年後半から前倒しで輸送する動きが活発だった。

一方で東南アジア発の貨物は増えている。米中摩擦の影響もあり、中国から東南アジアに輸出拠点を移す動きが活発になった。増加幅が大きいのはベトナムで、19年は109万5561個と前年比36.6%増えた。

19年12月の中国発の輸送量は76万827個と前年同月比22.2%減り、11カ月連続で前年を割った。アジア発全体では130万2275個と同16.3%減だった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム