信州大など 医療用酸素ボンベの残量警報装置

自動車・機械
信越
長野
2020/1/14 18:36
保存
共有
印刷
その他

信州大学を中心とする医工連携グループは14日、医療用酸素ボンベの残量低下を知らせる警報装置を開発・商品化したと発表した。様々なボンベの圧力調整装置に対応できて汎用性が高いうえ、安価という。医療機関だけでなく、在宅酸素療法が必要な患者にとっても酸素ボンベの管理で安心・安全性の向上に役立つ。

既存の医療用酸素ボンベにも取り付けられる残量警告装置

開発したグループは医工連携組織の信州メディカル産業振興会(事務局・信大)や丸の内病院(長野県松本市)、ガス制御機器のユタカ(東京・大田)など。

新製品は「e―アラート」。手のひらに載るサイズで、乾電池で作動するように消費電力を抑えた。酸素残量が減って圧力が低下するとブザー音が鳴り、ランプも点滅する。ボンベが空になるリスクを軽減できる。また電池交換時期も知らせる機能がある。2種類あり、価格は1台1万8千円と2万1千円。

類似の製品が最近登場しているが、価格が5万円と高価だったり、特定の圧力調整装置にしか使えないタイプだったりするという。

同病院はこれまで、酸素ボンベが空になるまで気がつかないといったリスクを懸念し、職員による巡回を頻繁にするなどで対応していた。同振興会が日本医療研究開発機構(AMED)の制度を通じて同病院の医療現場のニーズを知り、ユタカに紹介して開発した。同社は松本市に工場があり、市も助成金を交付して実用化を後押しした。

14日は同社から丸の内病院へ新製品を寄贈した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]