愛知県とトヨタが包括協定、地域活性化や防災

自動車・機械
中部
2020/1/14 18:34
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車やトヨタ販売店など17社は14日、愛知県と地域活性化に関する包括連携協定を締結した。災害時に販売店舗で帰宅困難者を支援したりハイブリッド車(HV)など電動車を使った給電支援をするほか、自動運転の進展を想定した実証実験や社会実装での連携を進める考えだ。

トヨタ自動車やトヨタ販売店など17社は、愛知県と地域活性化に関する協定を結んだ(14日、名古屋市)

同日に愛知県庁で開かれた締結式で、トヨタの佐藤康彦執行役員は「電動車は非常時に移動する発電機の役割を果たすことができる。地域の皆様に役に立てるよう努力していく」と話した。大村秀章知事は「高齢化社会に対応して、災害時にも安心できる元気な愛知をつくっていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]