酒づくりの灯は消さない 兵庫・灘、伝統生かし新機軸
阪神大震災25年 時計の針を進めて(2)

阪神大震災25年
サービス・食品
地域総合
関西
兵庫
2020/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪神大震災は神戸市から西宮市にかけての酒どころ、灘五郷にも甚大な被害をもたらした。震災からの復旧・復興だけでなく、食の多様化による若年層の日本酒離れも相まって、酒どころは変革を迫られてきた。伝統の技を受け継ぎながら、時代の変化をとらえた新機軸を次々と打ち出す。

2019年12月のスウェーデン・ストックホルム。ノーベル賞のパーティーなど公式行事で、今回も神戸酒心館(神戸市)の純米吟醸酒「福寿」が振…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]