/

この記事は会員限定です

理論とずれる投信の運用 美しくないその理由

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

公募株式投資信託の2019年末までの運用成績がまとまった。過去5年間の日本株投信の運用成績は、配当込み日経平均株価が1.49倍になるという追い風に恵まれ、中小型株型を除くアクティブ投信450本の加重平均で年率7.28%にも達した。中小型株型58本では14.19%だった。もっとも投資理論が導き出すリターンのばらつきに比べ、現実の個々のファンドの成績はブレが小さい。一見よかったようだが、実はその理由は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2412文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン