最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,092.86 +51.60
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

映画2社の業績好調 東宝と松竹の純利益増加

2020/1/14 21:00
保存
共有
印刷
その他

映画2社の業績が好調だ。東宝松竹が14日発表した2019年3~11月期の連結決算は、ともに純利益が2桁の伸びになった。東宝は「天気の子」や「名探偵コナン」などヒット作が相次いだ。松竹もマンガを原作とした「ザ・ファブル」の興行収入が伸びた。シネマコンプレックス(複合映画館)の稼働率も高水準で利益を押し上げた。

東宝の純利益は前年同期比24%増の294億円、売上高は7%増の2011億円だった。「天気の子」は興行収入140億円を超えるヒットとなった。「記憶にございません!」など制作と配給に関わった作品が好調だった。

シネコンは人気作の上映で稼働率が高まった。ゆったりした座席の「プレミアボックスシート」や臨場感のある映像と音を楽しめる「IMAX」など通常よりも高い料金で鑑賞する人が増えた。

松竹の純利益は58%増の22億円、売上高は10%増の737億円だった。「アラジン」などヒット作の上映で映画館の稼働率が向上した。不動産事業は賃料の引き上げで増益になった。

東宝は配当の見通しを引き上げた。年間配当は55円と従来より20円積み増した。前期は45円だった。

両社ともに20年2月期の業績見通しは据え置いた。純利益は東宝が前期比14%増の345億円、松竹は11%増の28億円を見込んでいる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム