監査法人の交代制見送り 金融庁、企業負担増に配慮

経済
2020/1/14 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は、企業の会計不祥事を防ぐ監査改革の検討課題としてきた監査法人の「ローテーション制度(交代制)」の導入を見送る方針を固めた。一定期間ごとに監査法人の交代を義務付けることで企業とのなれ合いを防ぐ効果を期待されたが、負担増となる企業側の反対が強く、実施は時期尚早と判断した。会計監査の透明性や質の確保に向けた改革はなお途上だ。

カネボウや東芝など大手企業による会計不祥事が相次いだことを受け、金融…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]