仙台市長ら、バンコク訪問で交流促進

2020/1/14 17:24
保存
共有
印刷
その他

仙台市は14日、郡和子市長らがタイのバンコクを訪問すると発表した。

交流促進が目的で、期間は22~26日。観光PRレセプションを開き、仙台への誘客を促すほか、市が力を入れている医療・福祉分野の取り組みも紹介する。

宮城県や仙台国際空港(宮城県名取市)、仙台商工会議所、七十七銀行、東北観光推進機構などの40人程度が同行する。2019年10月末に就航した仙台とバンコクの定期便を受け、イベントなどをPRし、誘客につなげていく。

訪問先は観光庁やタイ国際航空、東北の企業の相談窓口で市が事業委託している東洋ビジネスサービス、豊田通商タイランド。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]