/

「宅ふぁいる便」3月末で終了 個人情報流出響く

大阪ガス子会社のオージス総研(大阪市)は14日、個人向けの大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」を3月末で終了すると発表した。サーバーが不正アクセスを受けて利用者のメールアドレスやパスワードなど約480万件の個人情報が流出。19年1月から運営を休止していた。

これまでシステムを改修して再開を目指すとしていたが、多額の費用がかかるほか、ブランドイメージの回復が難しいと判断したとみられる。法人向けの「オフィス宅ふぁいる便」は安全性が確認できているとしてサービスを継続する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン