「宅ふぁいる便」3月末で終了 個人情報流出響く

ネット・IT
環境エネ・素材
2020/1/14 17:17
保存
共有
印刷
その他

大阪ガス子会社のオージス総研(大阪市)は14日、個人向けの大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」を3月末で終了すると発表した。サーバーが不正アクセスを受けて利用者のメールアドレスやパスワードなど約480万件の個人情報が流出。19年1月から運営を休止していた。

これまでシステムを改修して再開を目指すとしていたが、多額の費用がかかるほか、ブランドイメージの回復が難しいと判断したとみられる。法人向けの「オフィス宅ふぁいる便」は安全性が確認できているとしてサービスを継続する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]