スパコン前社長公判結審 助成金詐欺、3月25日判決

2020/1/14 17:05
保存
共有
印刷
その他

スーパーコンピューターの開発を巡り国の助成金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われたスパコン開発会社「ペジーコンピューティング」(東京)の前社長、斉藤元章被告(52)の公判が14日、東京地裁で開かれ、弁護側が執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は3月25日に言い渡される。

弁護側は起訴内容をおおむね認めた上で、助成金詐欺について「実際に開発する意思や能力があり、私腹を肥やすためのものでは…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]