今日も走ろう(鏑木毅)

フォローする

箱根にかけた思いの尊さ 挫折経験、人生輝かせる

2020/1/16 3:00
保存
共有
印刷
その他

創設から1世紀がたった2020年の箱根駅伝は青山学院大学の圧倒的な大会新記録で幕を閉じた。往路の4区で首位に立つと、結局その後は一度も首位を譲ることなく驚異的なタイムで2年ぶり5度目の総合優勝を飾った。

近年の青山学院は大学長距離界を間違いなくリードしてきた。ただ今回は絶対的なエースと呼ぶべき存在がおらず、箱根駅伝前に開催された全日本大学駅伝でも青山らしさを出すことなく東海大学の後塵を拝し不安視…

今日も走ろう(鏑木毅)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ランニングのコラム

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

電子版トップスポーツトップ

今日も走ろう(鏑木毅) 一覧

フォローする
世界一をめざし走ることに全身全霊をささげていた全盛期(41歳のヨーロッパアルプス合宿)

 正月の箱根駅伝を終え卒業を控えた大学4年生は大別すると、これで競技から身を引く者、実業団選手としてさらに励む者の二手に分かれる。陸上競技を引退する学生にとって、箱根駅伝で培ったマネジメント力や、プレ …続き (2/27)

野球はダメでも走ることで輝くことができた(2015年台湾での100キロレースで2位)

 私がランニングコースとしている道のりの途中にグラウンドがあり、時間帯により老若男女がさまざまな種目を楽しんでいる。小学生が野球に夢中になっているのを見ると、グラウンドで活躍する子よりもベンチの控え選 …続き (2/20)

反応力を高める動きの練習で若い頃の走りをキープ

 先日「45歳から強くなる」と題したランニングセミナーを開催した。セミナーの冒頭、参加者に普段どのようなトレーニングをしているかと尋ねると、多くの人々がゆっくりとしたジョギングに終始しているという。
  …続き (2/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]