iPS細胞の「黒子」タカラバイオ、創薬で表舞台へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
関西
滋賀
京都
2020/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タカラバイオが遺伝子や細胞の受託開発で成長を加速している。同社は宝酒造(現・宝ホールディングス)が1979年に参入したバイオ事業部門がルーツ。日本のバイオ産業を縁の下で支えてきたが、iPS細胞など再生医療の普及と共に存在感が高まってきた。今月には主力拠点で新たな生産棟も本格稼働。黒子が表舞台で飛躍を狙う。

JR南草津駅から車で10分。タカラバイオの本社敷地内に開発拠点「遺伝子・細胞プロセッシング…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]