/

この記事は会員限定です

群馬のシンクトゥギャザー、低速EV 開発専念へ

(Bizブックマーク)

[有料会員限定]

東京・池袋では2019年11月から電動小型バス「IKEBUS(イケバス)」が街中を巡回している。製造したのはシンクトゥギャザー(群馬県桐生市、宗村正弘社長)だ。同社の特徴は時速19キロメートルという低速の電気自動車(EV)に特化している点。今後は製造を地元企業に委託して新車開発を強化し、大手メーカーが手掛けないニッチ市場の開拓を進めようとしている。

織物業や製造業が盛んな桐生市。前橋市につながる県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン