山口FG、傘下3行のATM300台超削減 店舗網は維持

地域金融
九州・沖縄
中国
山口
福岡
2020/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口フィナンシャルグループ(FG)は傘下の3銀行のATM設置台数を2021年度までの3年間で約3割削減する。来店客の減少でATMの利用が減っているのに対応し、台数を削減してコストを圧縮する。店舗網は維持する。コンビニのATMの利用手数料見直しと合わせ、年間7億3000万円の収支の改善効果を見込む。

山口FG傘下の山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行のATM設置台数は19年3月末で合計1007台。これ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]